ホーム > 遺言・相続

遺言・相続

 相続は人(被相続人)の死亡によって始まります。ある人が亡くなったら、その人の遺産は、借金を含めて、全て一定の相続人に、一定の相続分で、当然に承継されます。 
 被相続人の遺産を分割するにあたって、遺言書が存在すれば親族同士の争いは回避できることがほとんどです。しかし、遺言書が存在しない場合、もしくは遺言書が存在しても一部の相続人の遺留分を侵害している場合には問題が生じます。
 家族を失った悲しみに加え、遺産の分け方で親族が争うことは経済的・精神的に大きな負担となります。相続問題を最愛の親族同士が相争うような「争族」問題にしないためには、法的にも問題のない遺言書を生前に作成する必要があります。
 また、遺産分割に関する紛争に第三者である弁護士が介入することで、円満に解決できることもあります。
 遺言書作成をお考えの方、相続問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

<相談例>

  • 子供がいないため、自分にもしものことがあった時に、滞りなく財産が妻に行くようにしたい。
  • 自分の世話をしてくれた子へより多く財産が残るような「遺言書」を作成したい。
  • 遺言書の内容(財産の分配)に納得ができない。
  • 故人が経営していた事業を長男が承継する。事業上の債務も長男が承継することができるか。
  • 故人の世話をしていた長男が、遺産の大部分を相続すると主張している。
  • 「遺産分割協議書」に署名捺印する際の「ハンコ代」はどの程度が相当なのだろうか。
  • 故人に巨額の借金があることが、死後初めてわかった。

久恒三平法律事務所

〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル801号室
営業時間:9:30~17:30(月~金)

Copyright©久恒三平法律事務所 All Rights Reserved.

電話にて問合せ
Webにて相談申込