ホーム > 債権回収

債権回収

 売掛金が回収できない場合には、まず取引先に弁済を求めて交渉しますが、当事者間での交渉では回収が困難な時、裁判所に訴訟を起こすことになります。しかし勝訴判決を得ても、強制執行を実施して実際に弁済を受けるのは、簡単なことではありません。
 適法な手続きに則って債権回収をするには、法的な専門的知識と実務経験とが必要です。
 貴社がお持ちの売掛金が現実に回収可能性があるものか、あるとすればどのようにして弁済を求めていくか、ということからご相談をお受けいたします。

<相談例>

  • 売掛金が回収できない。請求書は毎月出しているので、時効にはならないはずだが。
  • 元請け会社が請負代金を支払ってくれない。自社が不渡りを出さないためにはどうすればいいか。
  • 長期にわたり返済が滞っているため、連帯保証人の財産を差し押さえたい。
  • 取引先が倒産しそうだという情報が入った。売掛金回収のためにはどうすればいいか。

久恒三平法律事務所

〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル801号室
営業時間:9:30~17:30(月~金)

Copyright©久恒三平法律事務所 All Rights Reserved.

電話にて問合せ
Webにて相談申込