ホーム > 雇用問題

雇用問題

「契約の自由」の下で労働契約は締結されますが、現在の法律では、従業員の権利・立場がより厚く保護される傾向にあります。
 そこで、雇用主は健全な労働環境の確保につとめ、労使関係に関するトラブルは未然に防止することが強く求められます。仮に紛争化してしまった問題でも、早期に適切な対処をすることで従業員・雇用主の双方に利益のある結論に帰着することができます。
 雇用関係でのトラブルでお困りの方はご相談ください。

<相談例>

  • 勤務態度の悪い従業員を解雇したい。
  • 労働審判制度について知りたい。
  • 経営悪化で従業員のリストラをしなければならない。
  • 妊娠している従業員に配慮し配置転換を行ったが、マタハラだと異動に応じない。
  • 部下への指導が行き過ぎた従業員に関して、複数の従業員からパワハラの苦情が出ている。会社としては適切な指導の範囲だと考えているのだが。
  • 労災の認定はどのように行われるのか。労災が認められた場合の会社の不利益は?
  • 従業員が裁判員に選出された。裁判中の給与、休業等はどのように取り扱えばいいか?
  • 社内不倫が行われているらしい。異動や処分なども含め会社として適切な対処をしたい。

久恒三平法律事務所

〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル801号室
営業時間:9:30~17:30(月~金)

Copyright©久恒三平法律事務所 All Rights Reserved.

電話にて問合せ
Webにて相談申込