ホーム > 不動産関連

不動産関連

「所有権」とは物を全面的に支配する権利ですので、所有者は、法令の範囲内でその物を自由に使用、収益、処分することができます。しかし、不動産は一般に高額であること、不動産上に居住する人の保護が必要であること、所有者以外の利害関係者が存在しうること、などの理由からオーナーの使用、収益、処分について、動産とは異なる制限が加えられている場合があります。
 所有不動産に関するトラブルは、法律家である弁護士にご相談ください。

<相談例>

  • 「期間の定めある賃貸借契約」で期間満了後、更新時に「更新料」の支払いを請求できるか。
  • 「契約期間2年」でアパートを賃貸しているが、期間満了後に明渡しを請求できるか。
  • 自宅を築造し長年居住している土地に関し、隣地の人から、「自分の所有地であるから、明け渡してほしい」と言われた。
  • 共有の土地上の自宅が老朽化しており新築したいが、土地共有者の承諾が得られない。
  • 相続したアパートを取り壊してマンションにしたいが、住人が退去してくれない。
  • 賃貸アパートに契約者以外の者(友達?)も住んでいる様子。契約を解除し退去させたい。
  • 居宅として賃貸契約をしたが、騒音の苦情があり調査したところ、事業所(学習塾)として使用していた。
  • 賃貸アパートの配管工事にミスがあり、漏水で借家人に損害が生じた。
  • 無断で内装が大幅にリフォームされている。退去時には原状回復を求めたい。
  • 近隣相場に比べて家賃が安いようだ。円満に賃料を値上げしたい。
  • 借家人のアパートの使い方がよくない。次の更新の際に、更新を拒否したい。

久恒三平法律事務所

〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル801号室
営業時間:9:30~17:30(月~金)

Copyright©久恒三平法律事務所 All Rights Reserved.

電話にて問合せ
Webにて相談申込